スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2014年06月18日

高級車

高級車

以前、ブルネイという国で資源を輸出することで国が対円金持ちになり、国民が高級車を購入してはなり捨てるという話を聞いたことがあるのですが、ドバイも同じようなことがあるのかもしれません。

その話が本当かどうかわかりませんし、仮にそうだとしてもブルネイが現在も同じような状況下わかりませんが、ドバイで高級車の理性られている風景が報道で紹介されていました。

フェラーリ、BMW、ポルシェ等普通なら購入することも難しそうな高級車が無造作に乗り捨てられており、高額な違反金等理由はいろいろあるようです。

多々数千万円まするだろうという高級な車が道端で乗り捨てられていることから、金銭感覚的にもそのぐらいの金額はたいしたことがないと感じる人が多いとかもしれません。

逆に言うとそのような車を修理して他の国に持っていけば、ちょっとしたビジネスになるような気がしますが、金銭感覚的にやろうとする人がいないのでしょう。
  


Posted by dartjml at 14:29

2014年06月05日

ハンモックで

ハンモックで

アメリカで起こった出来事がニュースで世界中に配信されていたようですが、ハンモックでクマが寝転んでくつろいでいた様子が撮影されたようです。

このクマは民間の家に入り込んで木の間につるされていたハンモックに煮込んで、数十分間くつろいでいたそうです。

その民家の住民が近づいて写真を撮っても気づかずにそのままくつろいでいたようですが、何かに驚いて逃げてしまったそうです。

まるで観光客のようだったとこの民家の住人は感想を述べているのですが、ハンモックで寝転んでいたこのクマはかなり知能が高いのかもしれません。

ただ本当に間近で遭遇してしまうと機転なのだそうで、日本でも時々起こりますが、偶然遭遇してしまったために、襲われてしまうケースも時々あるようなので注意しなければなりません。
  


Posted by dartjml at 13:34

2014年03月19日

電子書籍の著作権



電子書籍の著作権

著作権法の改正が話し合われているそうで、電子書籍の著作権を設定することで、違法に出回っている海賊版の差し止めができるようになるのだそうです。

これまでインターネット上で出版物が違法な形でコピーされて出回っている被害が増えているそうですが、今の著作権法では差し止めの請求ができなかったそうです。

日本書籍出版協会の発表によりますと平成23年度だけでも、270億円以上もの被害が出ているのだそうで、かなり深刻な問題となっているようです。

そこで紙の出版物と同じように電子書籍にも出版権を確立することで、出版社が海賊版の差し止めを請求できるようにしたいのだそうです。

今までそのようなことが当然できないものだと思っていたのですが、実はそうではなかったようで、すぐに出版権が確立されることになるでしょう。
  


Posted by dartjml at 14:35

2013年12月10日

水が存在するクエーサー



水が存在するクエーサー

准恒星状天体として知られているクエーサーは、かなり離れている距離にあるのに極めて明るく輝いているのだそうでですが、最近かなりの水が存在していることがわかったのだそうです。

このクエーサーは地球から120億光年離れている場所に位置し、地球上に存在している海水の100兆倍もの水が存在しているのだそうです。

これはアメリカの大学の教授らが調査していて発見したのだそうで、数百光年の範囲に広がる大量の水蒸気が存在しているものだそうです。

宇宙が誕生したビッグバンが、136億年前の出来事ですから、それからおよそ16億年後にこれだけの水が存在していたという証拠の一つになるということです。

この水分の量は銀河系内の数光年の範囲の水を全部合わせても、このクエーサーの水分量の4,000分の1程度ということですから、ちょっと想像できないような膨大な量といえるでしょう。
  


Posted by dartjml at 08:39

2013年11月19日

ハチの大量絶滅


ハチの大量絶滅

恐竜から大量絶滅したことで知られている6500万年前のK-T境界、実はハチの大量絶滅していたことが明らかになったと報道されていました。

巨大な隕石が衝突し、恐竜が絶滅する程の衝撃があったのですから、当然ハチにも影響があったことは想像することは難しくないのですが、ハッチの化石がほとんど発見されてこなかったのだそうです。

ですからあまりその調査が進まなかったようですが、今回その大量絶滅についてクマバチのDNAの塩基配列を解析することで調査したのだそうです。

230種類いるクマバチバー基本的に4種類の種族に大別できるのだそうで、そのDNAのパターンが大量絶滅したハチと一致していることがわかったのだそうです。

その結果、恐竜の絶滅した時期にハチにも何か大きな異変が起きていたことがデータからわかるのだそうで、今後もさらに調査が進むそうですが、今後もいろいろなことが解き明かされていく事でしょう。
  


Posted by dartjml at 09:40